ぷり学では、3つの事を大切にしています。

①長時間のお預かりのため、学校の宿題や課題をしっかり行うこと
②本当の英語を聞き「知っている英語」「聞いたことのある英語」を増やすこと
③英語で習うプログラミングで物事の構成を学び、英語に自然と親しむこと

①長時間のお預かりのため、学校の宿題や課題をしっかり行うこと

小学校に通う時間も大切です。小学校で学んだ事はしっかりと出来ないといけません。「国語」「算数」「理科」「社会」で様々な物事の基礎を学びます。この基礎は、絶対に必要なものです。
ぷり学では、その「基礎」を崩さず「本物の基礎」にする事が大切と考えます。出来ていないのに、出来ているつもりで進学してしまうと、そこには大きな壁が立ちはだかります。
例)

  • 国語は、長文が難しい言葉で書かれるようになり、古典も学ぶ事になります。国語の基礎を小学生の間で理解していないと、国語力の点数が上がらないと考えます。
  • 算数は、科目名まで変わり「数学」になり、「算数」の概念が分からない状態だとますます理解できません。必要とされる多くの定義、知識として知っていても原理が分からなければ、活用する事も難しいと考えます。

中学校でつまずかないためには、小学校で学んだ事が大切だと考えます。近年、中学受験をする子供達も多く、難問が解ける事が凄いと思われる傾向にあります。実際に得点を伸ばして難問を解く子供達は凄いと思います。問題を解くには、反復式の暗記による知識で挑むのか、理解をさせることで本物の基礎にさせてから挑むのかのどちらかであり、理由も説明出来ないが方程式や知識を使って正解することが出来た。または、理由もしっかり解り、説明できるから正解することが出来た。

どちらも正解には変わりありませんが、理解している方が忘れることがなく、次のステップに上がりやすいと考えます。さらに、理解する勉強は「なぜ」が解消されるので、謎解きが勉強を楽しむ事だと認識させてくれると考えます。その「なぜ」は基礎 が無ければずっと「なぜ」のままだと考えます。

ぷり学では、学校の宿題・課題・基礎作りを大切にしています。学校の宿題を終えた後は、基礎作りの勉強です。そのため、講師が厳選した教材を必要であれば使用します。

「知らない」→「知っている」→「分かる」→「解る」→「説明できる」

この一連の流れを一つ一つ丁寧に教えていく心掛けを致します。また、基礎がしっかり出来ている子に関しては、ちょっと背伸びをさせる課題もご用意しております。ぷり学を卒業するまでに、揺るがない基礎を築きあげるのを目標にしております。

②本当の英語を聞き「知っている英語」「聞いたことのある英語」を増やすこと

  • 日本で生活し、英語の塾に小学校から週1回通ったので、現在は英語がペラペラな人。
  • 日本で生活し、日本語がペラペラになりたくて、一生懸命日本語の勉強をしている人。

上記の日本人は、いない方が多いと考えます。我が子に英語を習得させる一番手っ取り早い方法は英語圏で生活したり、学校生活で英語を使わないと生きていけない環境に行く事です。それが出来る方は、是非そのようにした方が英語を習得できます。語学というのは、学びたい言語の知識を高めるのであれば、より多くの知識を得るために勉強が必要です。しかしながら、英語力をつけるためには勉強から入るのではなく「毎日、数時間」英語に浸かる事が一番大切です。

一般的に日本で英語を何時間もBGMように聞く環境は皆無であると考えます。更に英語を静かに座り聞き入ることは、日本の子供の感覚だと面白くないし、それが苦痛になる子供もいます。しかし、その環境下で英語を使って『楽しい事』をすると、子供は自然と英語が楽しい事であると認識し、さらに物とワードを関連付けて覚えたり、ワードを形として認識したりします。

小学生が何か聴きながら勉強する事に関して、気が散るので良くないと感じる方はいると考えます。
さらに、よく勉強をしている時「音楽を聴きながら」「鼻歌を歌いながら」「友達とファミレスで話し合いながら」と、そんな風景も目にします。勉強をするのは静かな環境で集中してした方が良いという意見もある一方で、学校の宿題や勉強をしている時に無意識のうちに英語を言葉からでも音楽からでも耳にするのは、非常に良いと考える意見もあります。では、どちらが良いのかという内容について研究された文献があります。

2012年 英オックスフォード大学の『Journal of Consumer Research』に掲載された研究では、音の大きさが50デシベル程度の静かな環境(例えば図書館)よりも、70デシベル程度の適度な音が聞こえる環境(カフェなど)で作業をしたほうが、よりクリエイティブな成果を発揮できると報告があります。音によって注意が散漫になると脳内では音に負けないように、より注意深く考えようと脳が働くとのこと。

また、適度な雑音は、集中することが著しく苦手な人にとって、集中力を高める効果があることを報告している。しかしながら、周囲の音がカフェよりも騒がしい85デシベル以上だと、創造的な成果は出せなくなると報告している。要約すると、音楽を聞きながら勉強することのメリットを科学的根拠に基づき説明されているのです。

また、音楽は勉強を始めるときのルーティンとしても大いに活用できるといわれています。
勉強を始める時、集中している時、毎日ある程度決まった音楽やスピーチなどのCDを流します。その毎日に慣れてくると、その音を聞き始めたら勉強モードにすると脳内が働きかけをしてくれます。学校の宿題や課題の勉強をしている時に、英語を聞くという時間は効率よく適していると考えます。

ぷり学では、適度なBGMを英語の曲だったり、英語のスピーチを終始流し続け、常に英語が耳に入るような環境にしています。学校の勉強や課題をやっている時は、日本人講師は日本語で教えてくれますが、おやつから帰宅までバイリンガルで子供達に英語で語りかけます。子供達も英語で話し返してくれるようになれば大成功ですが、まずは根っこ作りをしてあげるため、一方的に英語を聞いてもらうのが大切だと考えます。

③英語で習うプログラミングで物事の構成を学び、英語に自然と親しむこと

近年、小学校では英語教育に力を注くようになり、さらに2020年にはプログラミングの 授業も始まります。2020年から大学入試方法も大きく変わり、英語の重要性が高まってきています。これらの授業に向けた準備を「ぷり学」はお手伝い致します。プログラミングという近代的な取り組みを学校教育へ組み込めば、プログラミングという能力が簡単に身に付くであろうと思っている人は少ないと考えます。

さらに、プログラミングという科目が、ご自身の小学生時代に無かったため、一体何を得ることが出来るのか予想もつかないと考えます。

プログラミングとは、人間が毎日のように仕事や私生活で使用しているコンピュターの『脳』を作製することです。コンピュターを用いて、それぞれ動作させる対象物に行動指示を入力したり、ゲームの基盤を作ったり、日常生活における機械を自動で動かしたり、機械が勝手に動けるようにするプログラムを作製することがプログラミングです。

例)「右に3歩、前に5歩、振り返ってジャンケンをする。負けたらうずくまり、勝ったら飛び上がる」

というような指示を出します。その通りに機械は動いてくれますが、そこで子供達が考えないといけないのは、物事の構成です。自分の指示に従わせるには、何をどの順番で伝えないといけないのか。もしも、思っているように動かない場合は、どの指示をどう変えるのか。その場で自分の間違いを訂正していくのです。この過程がプログラミングという科目になります。基本的にプログラミングは英語で指示を出します。学校教育の場では、そのプログラミングを日本語のソフトを使って教えるそうです。

『「右」という指示は「right」のことですよ。』

と、その情報をすでにプログラミングしています。レベルが上がれば英語でプログラムをする時代になると誰もが予想できることに対し、わざわざ日本語で学ぶのは勿体ないと我々は考えています。

最初から英語でプログラミングを教える。そうすれば、構成力を付けながら、英語に触れることができプログラミングの英語を目にする機会も増えるため、英語力も身に付きプログラミングも習える素晴らしい教育だと確信しています。

以上から、ぷり学では子供達に対して英語力の根っこ作りを全力で取り組んでいく努力を致します。

その中で、実績を残してあげる事も大切であると考え、大学入試にも活用できるTOEFLの勉強をします。英検ではなく、世界で通用する資格があった方が良いと考えます。

日本の大学入試は、英検よりもTOEFLを持っている方が良いとされており、海外の大学では英検は通用しません。英検は日本特有のバロメーターで、国内であれば通用しますが、一方でTOEFLは「アメリカ」「カナダ」「オーストラリア」「ヨーロッパ」など約 150カ国以上の国において、一万を超える大学および様々な機関から受け入れられています。多くの大学や大学院課程によって最も推奨され入学や留学する際に、必ず点数の提出が求められるテストです。ただ、英検とは違い、TOEFLは難問であるためいきなり始めるのは大変だと考えます。

よって、ぷり学では「TOEFL Primary」という序章的な取り組みをしていこうと考えます。1つの章を毎日少しづつ、何度も繰り返し、英単語を見たら英語で理解する練習を積み重ねながら、徐々に声に出せるように、生徒達で読んでみたりします。TOEFLで高得点を出せるのであれば、英検は日本で持っている資格として簡単に取れると考えます。

「英語力の根っこ作り」が最終的には、TOEFL合格を目標にできればと考えております。

「ぷり学」Pre-GAKUDO塾

[学童]+[英語]+[プログラミング]
学校が終わった後の時間、Englishな環境の毎日!プログラミングのカリキュラムがある!!
まずはお気軽に体験入学をお申し込みください。